レスターに所属するナイジェリア代表MFウィルフレッド・ディディが、ひざを負傷した影響で約1カ月離脱することになるようだ。8日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 レスターを率いるブレンダン・ロジャース監督によると、ディディはトレーニング中に「方向転換をしたときに(ひざの)半月板を痛めたようだ。これから小さい手術を受けることになる」と負傷したことを明かし、「1月の残りすべてと、2月の頭くらいまで欠場することになるだろう」と離脱期間を予想した。

 現在23歳のディディは、2017年1月にヘンクからレスターに加入した。今季はプレミアリーグ第21節終了時点で20試合に出場し、2ゴール1アシストを記録。中盤の要として現在リーグ2位と好調なチームを支えていたディディの離脱は、レスターにとって大きな痛手となりそうだ。

2020年01月09日 by soccer-king.jp

バイエルンは、フランス代表FWキングスレイ・コマンの負傷状態を明らかにした。12日、公式サイトが伝えた。

コマンは、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第6節トッテナム戦に先発出場。しかし、27分に負傷交代を強いられ、ピッチを後にしていた。

 同クラブは、クラブドクターのハンス・ヴィルヘルム・ミュラー・ヴォールファールト氏による診断結果を公開。左ヒザの関節包の損傷に加え、上腕二頭筋の筋違いとヒザ関節の圧壊と診断が下された。

 コマンはシーネを当て安静にし、様子を見ることになるようだ。また、同クラブは離脱期間を明らかにしていない。

2019年12月12日 by soccer-king.jp