バルセロナのジョセップ・マリア・バルトメウ会長がFWリオネル・メッシの去就や新指揮官に関して語った。『バルサTV』のインタビュー内容をクラブ公式サイトが伝えている。


バルセロナは14日にポルトガル・リスボンで行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝でバイエルンと対戦し、2-8と歴史的な大敗を喫した。3年連続のベスト8敗退となり、12シーズンぶりの無冠が決定。クラブは17日にキケ・セティエン監督、18日にはスポーツ・ディレクターのエリック・アビダル氏の退任を発表した。さらにエースのメッシも、退団の可能性が報じられている。


バルトメウ会長はまず新指揮官について、オランダ代表を率いるロナルド・クーマン監督が就任することを明言。「もし何事も起こらなければ、クーマンが来季のバルサの監督になるだろう。私たちは彼の人柄も考え方も知っているし、経験があることも知っている。その哲学をよく分かっているし、バルサのスタイルを信じている。だからこそ、選ばれている」と述べ、そのクーマン氏の来季構想にはもちろんメッシが入っていると語った。


「メッシは何度もバルサでキャリアを終えたいと言っていた。クーマンは、メッシはプロジェクトの柱だと言った」


「メッシとは2021年まで契約を結んでいる。選手と彼の父親とは定期的に話す。リスボンでの失望があったところで、その点に疑いはないし、次の新しいプロジェクトに期待している。メッシは世界一の選手であり続けているし、その選手を私たちは手にしているんだ」


「メッシ自身とは話していないが、彼の父親とは話した。あの試合は過去のものだ。楽観的にならなければならない。立ち上がり、頑張り、期待感を生み出さなければならない。サイクルは終わり、別のサイクルが始まるが、それはレオ・メッシ時代の中にある」


17日には次回の会長選挙が2021年3月15日以降の最初の試合日に行われることが発表された。バルトメウ会長は「リーガは5週間以内に開始する。選挙を早めたくなかったのはパンデミックがあるからだ」と説明。「この形で去るのは、あまりにも無責任な形だろう。私たちは新たなフロントに落ち着いて移行できる。内部で議論があり、反省が行われ、全員が合意している」と話した。

 

2020年08月18日 by web.gekisaka.jp

バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングが昨夏の加入を振り返っている。7日、英『BBC』がインタビューの様子を伝えた。


23歳のデ・ヨングは2015年にビレムでトップチームデビューを果たすと、その後アヤックスに移籍。19-20シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)での4強進出に貢献してみせた。そして翌シーズンからはバルセロナに加入。今シーズンはリーグ戦26試合に出場している。


自身の夢を「バルセロナでのプレー」と語るデ・ヨングは当時を振り返り、「会いに来てくれて、本当に関心を示してくれたとき、もう迷いはなかった」と語る。


「当初バルセロナは本当に私の獲得を望んでいるとは思わなかったんだ。しかし彼らは先発入りのチャンスもあり、僕ならそれがとても簡単にできると話してくれた。人生を楽しみたいならバルセロナでプレーしようと言ってくれた」


「車で練習に向かうとき、空を眺めることがある。そして、子どものときずっと憧れていた夢だと思う瞬間があるんだ。いま本当に幸せです」


バルセロナは今年1月にエルネスト・バルベルデ監督の退任とキケ・セティエン監督の就任という動きがあった。それにより選手たちにも役割の変化があったようで、デ・ヨングも「適応する必要がありますが、問題なく改善できる。攻守のバランスが取れる“ミッドフィルダー”が一番適していると思っています」と自身の任務を把握できているようだ。


特にFWリオネル・メッシとの連動は最重要任務となる。23歳の若きMFは32歳のエースの助言をしっかりと受け止めている。


「最高のプレーヤーであるメッシがアドバイスをくれるならもちろん受け入れます。彼がアドバイスしてくれるなら誰だってそうでしょう。ときどき、もっと深いところへ行くように、そしてサイドに行くように伝えられますが、そんな小さな部分が違いを生み出しています」

 

Tags: 
2020年06月07日 by web.gekisaka.jp

バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、スーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)について語った。10日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 9日に行われた同大会の準決勝でアトレティコ・マドリードと対戦したバルセロナは、2-3で敗れた。現地ではタイトルを逃したエルネスト・バルベルデ監督に対して懐疑的な指摘が集まっているようだが、スアレスは選手たちに責任があると語っている。

「バルベルデ監督を非難すべきではない。ピッチ上でチャンスを逃し、ミスを犯したのは我々選手たちだからね」

「試合をコントロールしていたのは僕たちだが、すなわちカウンターを許すかたちとなってしまった。この敗戦が僕たちの成長の助けになるかは分からないが、チームに修正すべき点があることは確かだね」

2020年01月10日 by soccer-king.jp

バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、2019年について語った。24日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

取材に応じたバルベルデ監督は2018-2019のシーズン終盤に臨んだ上半期について言及。タイトルを逃したチャンピオンズリーグ(CL)とコパ・デル・レイ(国王杯)について以下のように語った。

「CLのリヴァプール戦は、信じられない展開だった。確かにアンフィールドでは我々にもチャンスがあったが、早い段階で失点してしまったことで(一昨シーズンの相手)ローマで起こったことが再び起こるのではないかと不安に駆られてしまったよ」

「結局我々は、3-0からの逆転を許した。今年最も残酷な瞬間の一つだったね。そしてチーム全体でショックを引きづり、国王杯の決勝ではバレンシアに敗れた。リヴァプールで勝てていれば、国王杯のタイトルを手にできていただろう」

 また、バルベルデ監督は2019-2020シーズンについても、ここまでの印象を語っている。

「序盤は苦しんだが、徐々に良くなっている。今は首位に立つことができているけど、まだまだ先は長いよ。今シーズンは厳しい戦いが続いているから、全く油断はできない。2020年は全てのゲームに勝てるよう努力していきたいね」

2019年12月25日 by soccer-king.jp

 バルセロナに所属するFWアントワーヌ・グリーズマンが、Aマドリード退団の理由を明かしている。スペイン『マルカ』が伝えた。

 今夏にAマドリードを離れてバルセロナに入団したグリーズマン。以前から移籍の噂が伝えられていたが、1日のリーガ・エスパニョーラ第15節でアトレティコの本拠地、ワンダ・メトロポリターノに帰還した際には苛烈なブーイングや中傷が浴びせられており、それが愛情の反転だとすればアトレティコサポーターにとっては衝撃的なオペレーションとなった。

 自身をトップオブトップまで引き上げてくれたクラブを離れた決断について、グリーズマンはこう説明している。

 「チャンピオンズリーグで優勝したり、もっとタイトルが欲しいからアトレティコを離れたわけではない。新しいスタイルや哲学を学ぶためにアトレティを離れたんだ。別のチーム、別のスタイルのサッカーを学ぶためにね」

 「アトレティならばいつだってラ・リーガやチャンピオンズリーグを制覇する可能性がある」

 グリーズマンは今シーズンここまで公式戦20試合で6ゴール4アシストをマーク。期待された活躍を示しているとは言い難いが、それは自身も重々承知なようだ。

 「僕は新しいポジションについて勉強しないといけない。新たなチームメイトについてもね。ルイス(スアレス)、(リオネル)メッシ、中盤やサイドバックの動きともまだ連動していない。僕はとてもシャイな人間で、普段から周囲と話すわけではないけど、すべては時間が解決する」

2019年12月12日 by sanspo.com

 バルセロナは、インテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスを獲得するため、中盤の選手を交渉に加える可能性があるようだ。9日付けで、スペイン紙『アス』が報じている。

現在22歳のL・マルティネスは、今年の夏からバルセロナの獲得リストに名を連ねていると報じられており、今シーズンはここまでリーグ戦で8得点を記録。チャンピオンズリーグでは『カンプ・ノウ(バルセロナの本拠地)』でもゴールを決めるなど、チームを牽引するパフォーマンスを見せている。

 そんな同選手の獲得に関して、バルセロナはチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルもしくはクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチ交渉に加える可能性があるようだ。

 2011年から2015年までユヴェントスで活躍していたビダルは、今シーズンの出場機会に不満を露わにしており、先日は移籍の可能性を示唆していた。昨シーズンまでレギュラー級の活躍を見せていたラキティッチも、今シーズンはあまり出場機会に恵まれていない。

 インテルは、ビダルとラキティッチの2選手を高く評価している模様で、L・マルティネスとの交渉次第では、来年の1月にも移籍が成立する可能性があるという。

2019年12月10日 by soccer-king.jp

オランダ代表のロナルド・クーマン監督が、噂されるバルセロナの指揮官就任について言及した。5日に、スペイン紙『マルカ』が報じている。

クーマン監督は現役時代、“ドリームチーム”と呼ばれたバルセロナのメンバーの一員だった。故ヨハン・クライフ氏の薫陶を受けたこともあり、現在バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督の後任候補として、度々その名を報じられてきた。インタビューに答えたクーマン監督は、繰り返される自身の去就報道について苦言を呈している。

「代表チームとの契約は、あと2年残っている。バルセロナについてあれこれ話すのは好きではないんだ」

「様々な理由から不快感を感じているよ。現在は代表チームの仕事をしているわけで、今バルセロナについて話すのは公平ではない」

「彼ら(バルセロナ)が私を望めば、彼らから連絡をしてくるはずだ。彼らが望まなければ、何も起こらない。ただそれだけだ。人生には、もっと重要なことがたくさんあるさ」

 度々、バルセロナと自身の名前を結び付けられることに辟易している様子のクーマン監督。果たして、クーマン監督の将来はどのにあるのだろうか。

 

 

 

2019年12月06日 by soccer-king.jp