マンチェスターUがジェイドン・サンチョ争奪戦をリードしているようだ。『Goal』の取材で明らかになった。

 2017年夏にマンチェスターCからドルトムントに加入以降、順調に成長を続けるサンチョ。イングランド代表にもコンスタントに選出される3月に20歳になったばかりの同選手は、今シーズンここまで公式戦35試合で17ゴール19アシストを記録するなど大活躍を見せる。

 ドルトムントが移籍金を1億3000万ユーロ(約154億円)に設定するとされるサンチョに対しては、多くのビッグクラブが関心を持つと報じられる。中でも、強い興味を見せるのが、前線の強化を目論むマンチェスター・Uとチェルシーだ。

 マンチェスター・Uは、ジョゼ・モウリーニョ政権下の2017年に宿敵マンチェスター・Cで出番がないことに不満を抱えていた同選手の獲得を目指した過去がある。一方のチェルシーは、幼少期にサンチョが応援していたクラブであり、カラム・ハドソン=オドイやタム・エイブラハムとも仲が良いことで知られている。

 しかし、現段階でこの獲得レースのポールポジションに立つのは、オーレ・グンナー・スールシャール監督率いるチームのようだ。実際に、イギリス『ガーディアン』などで記者を務めるファブリツィオ・ロマーノ氏はクラブが代理人に接触していることを報じていた。

 新型コロナウイルスの影響でシーズンが延長することが決定的であり、多くのクラブが財政難に陥ることが確実で、今夏の移籍市場の行方は不透明な状態。しかし、「価値以下での売却はない」とドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは値引きに応じる可能性を否定していた。

2020年04月01日 by sanspo.com

ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOが、同クラブ所属のイングランド代表FWジェイドン・サンチョの去就に言及した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が29日に同氏のコメントを伝えている。

 


現在サンチョに関しては、マンチェスター・U、チェルシー、レアル・マドリードなどからの関心が報じられている。世界中のビッグクラブの“注目銘柄”となっているサンチョについて、ヴァツケCEOは以下のようにコメント。サンチョ自身が移籍を希望し、適切な金額でのオファーが届いた場合は売却を認める可能性があることを明かした。

 


「いつだって選手の意思をリスペクトしなければならない。いつも言っているように、我々の希望はサンチョがここに残ることだ。もちろん、私は選手の価値を下回る金額で売却するつもりはない。相手がどんなビッグクラブであってもだ」

 

 
現在20歳のサンチョは2017年夏にマンチェスター・Cからドルトムントへ加入した。昨シーズンのブンデスリーガで全34試合に出場し12ゴール17アシストを記録してブレイクを果たすと、今季は第25節終了時点で23試合に出場し14ゴール16アシストを記録。ドルトムントの中心選手として活躍を続けている。

 

賭けられるスポーツの種類が豊富な1xBETへ

 

2020年03月29日 by www.soccer-king.jp

 ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOが、イングランド代表FWジェイドン・サンチョの残留に自信を示している。ドイツ誌『Kicker』日本語版が3日に伝えている。

 サンチョは2000年生まれの19歳。今シーズンのブンデスリーガではここまで14ゴール15アシストを記録しており、世界中のクラブが獲得に関心を示している。特に、プレミアリーグのビッグクラブがサンチョに熱視線を注いでおり、大金を用意してその動向を虎視眈々と狙っている模様だ。

 しかし、ヴァツケCEOはサンチョの残留に自信を示している。同選手をタイトル獲得のための重要なピースと見なしており、“マネーゲーム上等”で残留に努めると明かした。

「もちろん、どういうことが起こるかなんてわからない。しかし、サンチョ自身が移籍を希望しているとは思わないね」

「我々は、お金に困っているわけでもない。彼が残留するように全力を尽くしていく。我々には十分なお金があることだし、我々はタイトル獲得を目指している」

2020年03月03日 by soccer-king.jp

ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョが、52年ぶりにブンデスリーガ記録を塗り替えた。ドイツ誌『Kicker』日本語版が3日に伝えている。

 

ドルトムントは2月1日に行われたブンデスリーガ第20節でウニオン・ベルリンと対戦。サンチョは13分に先制点を挙げ、5-0の勝利に大きく貢献した。

 

賭けられるスポーツの種類が豊富な1xBETへ

 

この日のゴールで、サンチョはブンデスリーガ通算得点記録を「25」に伸ばした。これにより、実に52年ぶりに「20歳の誕生日を迎えるまでのブンデスリーガ最多ゴール記録」を更新した。

 

サンチョはウニオン・ベルリン後に自身のSNSを更新。「とても嬉しい。25得点に到達したブンデス史上最年少選手なんだ」と喜んだ。

2020年02月02日 by www.soccer-king.jp