バイエルンは、フランス代表FWキングスレイ・コマンの負傷状態を明らかにした。12日、公式サイトが伝えた。

コマンは、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第6節トッテナム戦に先発出場。しかし、27分に負傷交代を強いられ、ピッチを後にしていた。

 同クラブは、クラブドクターのハンス・ヴィルヘルム・ミュラー・ヴォールファールト氏による診断結果を公開。左ヒザの関節包の損傷に加え、上腕二頭筋の筋違いとヒザ関節の圧壊と診断が下された。

 コマンはシーネを当て安静にし、様子を見ることになるようだ。また、同クラブは離脱期間を明らかにしていない。

2019年12月12日 by soccer-king.jp