2020年09月14日 by web.gekisaka.jp


マルセイユのアンドレ・ビラス・ボアス監督は、パリSGのMFアンヘル・ディ・マリアを非難している。


マルセイユは13日、リーグ・アン第3節でパリSGと対戦。両チーム合わせて5人の退場者が出る荒れた試合展開となったが、マルセイユが1-0で勝利を収めた。


ネイマールはマルセイユDFアルバロ・ゴンサレスから人種差別的な言葉を受けたとされるが、ビラス・ボアス監督は『テレフット』で「私にはわからない。サッカーに人種差別の余地はない。起こったとしたら重大な過ちだが、起きているとは思わない」とコメント。ディ・マリアの言動を問題視しているようだ。


「その前にディ・マリアからつばを吐かれるような事態があった。これらはサッカーの世界では避けるべきことだ。この歴史的なパフォーマンスの汚点にならないことを願うよ」


また、チームのパフォーマンスについては「素晴らしい勝利だ。タフで難しかったが、それは常に価値あるもの」と称賛した。