2019年12月02日 by soccer-king.jp
Getty Images

アーセナルに所属するイングランドU-21代表MFジョー・ウィロックは一時的に指揮官に就任したフレドリック・ユングベリ暫定監督を称賛した。2日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

アーセナルは11月29日にウナイ・エメリ監督の解任を発表。アシスタントコーチを務めていたユングベリ氏は暫定監督に就任し、1日に行われたプレミアリーグ第14節のノリッジ戦は同監督が指揮を執った。初陣は2-2の引き分けに終わり、残念ながら勝利を飾ることはできなかった。

 同試合で先発出場を果たしたウィロックは、ユングベリ暫定監督について次のようにコメントを残している。

「監督が誰であろう、僕たちはチームとして成長しなくてはならない。フレディーは素晴らしい監督だよ。クラブ全体が彼を信頼しているし、共に成長しようと努力している」

「フレディーは僕たちに試合を楽しむように伝えてくれた。アーセナルでプレーしているということに誇りを持ち、かつてのように勝利へと導いてくれるに違いない」

「常にトレーニングでは勝ちを目指して努力している。どこかで一度勝利を収めることができれば、また調子を取り戻すことができると思う。今節は残念だったが、前を向くしかないんだ」