2020年01月04日 by sportclubnavigator.com/

この10年イングランドプレミアリーグで8人の様々な監督たちが勝利してきました。しかし彼ら全員が雑誌や新聞の紙面をにぎわせることはありませんでした。10年―それは長い時間です。2010年の初めから今日のシーズン開幕後僅か5日でバーンリーを去ったオーウェン・コイル氏等、プレミアリーグには雑多な95人の監督がいました。100人以上の中から10人を選ぶのはとても難しいことでした。本当のことを言えば私たちが選んだ監督の中には素晴らしい業績のために修正意見付きでTOP10に入った人たちもいました。

 

10位 クラウディオ・ラニエリ

私たちは彼を10人の中に加えないことはできませんでした。彼はレスター・シティ監督時代、チームを最下位から2ポイント離しただけでした。ラニエリ氏にとってフラムFCの仕事は地獄のようなものでした。もしチャンピオンシップ選抜チームがプレミアリーグチャンピオン獲得をするだけではこのトップ10に加えるのには十分ではありません。2015-2016年のレスターの選手たちは今世界クラスに見えます。実際、そのシーズンが始まった時、エンゴロ・カンテ選手はまだ24歳でしたが彼は全シーズンをハイレベルでプレーしました。リヤド・マフレズ選手は時折異彩を放ち、ジェイミー・ヴァーディ選手はプレミアリーグの34試合で5得点を挙げました。そしてクイーンズ・パーク・レンジャーズFCでも必要ないダニー・シンプソン選手、2014-20015年にレスターに在籍したダニエル・ノエル・ドリンクウォーター選手、11年ファーストディビジョンで過ごしたキャプテンのウェズ・モーガン選手たちをラニエル氏はチャンピオンに仕立て上げました。

 

9位 ロイ・ホジソン

彼は私たちの選んだトップ10監督の中で唯一のイギリス人です。彼の代わりにほかのイギリス人監督を選ぶことも議論されました。例えばエディ・ハウ氏は選手たちのクオリティを高め、彼の下で10年間ボーンマスは第二リーグで活躍し、チームの骨格を作りました。しかし降格の恐れはないにも関わらずチームは停滞中のようで直近のシーズンの勝ち点数は42、46、44、45でした。今シーズンの勝ち点の獲得数は約40と予想されています。サム・アラダイス氏については議論がありました。彼はブラックバーン・ローヴァーズFCをリーグランク中央下まで導きました。同様に彼はウェスト・ハムの順位を上げました。サンダーランドは19位から17位に、クリスタルパレスは17位から14位に導きました。エヴァ―トンはリーグ順位下部から上位下部まで上がりました。ショーン・ダイク氏はプレミアリーグでの統計が降格寸前で2回フィニッシュしなかった場合、やっとトップ10に割り込めたでしょう。一度の降格と7位でのフィニッシュ、彼にはこの成績は嬉しくないでしょう。しかし一方で彼は常に満足していることはありません。今回彼らの代わりにホジソン氏が選ばれました彼の一貫性は尊敬に値します。最後の10年彼はチームを救い、その後ウェスト・ブロムウィッチとクリスタルパレスを安定化させました。そして何とか奇跡的にフラムFCをヨーロッパリーグ2010の決勝に導きました。彼はウェストブロムを2011年1月に引き受けました。そのときチームは17位降格ゾーンのチームと並んでいましたが、11位に上がりフィニッシュ、その後は10位になりました。そして、彼のリバプール監督時代を酷かったと否定してはいけません。何回も彼は同チームで素晴らしい仕事をしました。

 

8位 ジョゼ・モウリーニョ

彼はプレミアリーグで熾烈な生き残りの戦いの最中に世界に名だたるチームを去りました。ピーク後のチームの沈下は避けられませんでしたが、チェルシーはモウリーニョ監督を2015年のクリスマス前に解任しました。チームはシーズンの42パーセントの試合を行いました。その時チェルシーは16位で勝ち点差は下3チームより1ポイント多かったです。マンチェスターユナイテッド時代は彼を解任したときチームはリーグ6位でした。しかしこの10年で獲得したトロフィーを無視するわけにはいきません。2014,2015年モウリーニョのチェルシーのタイトル獲得争いは春前にほぼ完了していました。実質的に彼らはホーム10試合勝利、11試合唯一の相手と引き分けと最初から最後までトップでした。そしてスタンフォードブリッジでシーズンを無敗で終え、わずか3敗で(アウェー)した。それ以外に2度のカップ優勝、2位でフィニッシュと結果を残しています。少なくともアレックス・ファーガソン氏の引退以来マンチェスター・ユナイテッドで達成した最高の結果です。

 

7位 ブレンダン・ロジャーズ

彼にもしもう1年与えたならロジャース氏の順位はきっともっと上になっていたでしょう。だとすればそれは2010年ではなく来年2020です。彼のレスターシティは現在、とても稀な良い結果を出しています。振り返ってみると、これは明白に思えますが、今シーズンのチャンピオンズリーグの出場資格を予測することは、これらの少数の専門家の側ではかなり大胆でした。彼らが過去15年間でプレミアリーグビック6の試合に少なくとも1度は参加したチームということは忘れないでください。そして彼らはすでに6位のスパーズより10得点差をつけております。これは偶然ではありません。レスターがどのようにプレイしているかというと彼らはリーグで最強3~4チームのうちの一つに数えられています。ロジャースは9か月前にやってきたばかりです。2013年と2014年は2度リバプールでフィニッシュした時、タイトル獲得出来なかったものの、素晴らしい成果を収めました。彼はフィリップ・モウリーニョ、ジェイムズ・ミルナー、ジョー・ゴメス選手たちと契約し、ロベルト・フィルミーノに散財しました。またラヒム・スターリング選手が18歳になったばかりの時、ロジャース監督にとって最初のシーズンに彼を36回起用しました。ロジャースは素晴らしいチームを作ります。

 

6 位 ラファエル・ベニテス

ベニテス氏にとり、この10年間はヨーロッパでの失望に始まり、アジアからの追放で終わりました。リバプール時代グループリーグ突破出来ず、フラムFCとの試合も欧州リーグファイナルで機会を逃しとても不愉快なものだったが、これはイギリスで彼にとって最後の仕事でした。チェルシーで彼は暫定監督でしたが、2012年11月、ほかの者のために思いとどまるようにさせたが、チャンピオンズリーグの運命はすでに彼らの手元にはありませんでした。ラファエル氏は唯一6-1で勝ちましたが、それは意味がありませんでした。サポーターたちはベニテス解任の願いで一つになりました。しかし彼はチェルシーと共にヨーロッパリーグで勝利し3位でフィニッシュしました。威厳を保ちながら彼は後にニューキャッスルで同じくチームをプレミアリーグ昇格に導きました。ニューキャッスルをプレミアリーグへ戻すために労力を費やし、ニューキャッスルのオーナー、マイク・エシュリーはベニテスをよい状態に置かなかった。ニューキャッスルをリーグ上位に押し上げたこのスペイン人監督の仕事は高く評価されました。

 

5位 アントニオ・コンテ

ジョゼップ・グアルディオラ監督とアントニオ・コンテ監督はイギリスリーグで初めてのシーズンを始めました。ジョゼ・モウリーニョ監督は初めてのマンチェスター・ユナイテッド、ユルゲン・クロップ監督はすでに10か月の経験を持ちました。当時マンチェスター・シティ、ユナイテッドそしてリバプールは3位、6位、そして4位のリーグ順位にいました。プレミアリーグ史上2番目のポイントを獲得したのはコンテ氏でした。身長178cmのセサル・アスピリクエタ選手はディフェンダーに、ビクター・モーゼス選手とマルコス・アロンソ選手を側面防御に採用しました。エデン・アザール選手は再び周りで起こっていることに目を向けました。それは チェルシーが試合で13連勝しそれをいとも簡単にコンテ氏が行ったことです。2016-17のチャンピオン制覇出来なかった唯一の理由はトッテナムも同様に多くの勝ち点を持っていたことです。そのときプレミアリーグ史すべてのチーム結果は16位(今は19位)ですのでコンテ氏のトッテナム封じ込め成功は評価に値します。

 

4位 アレックス・ファーガソン

2010年代にプレミアリーグで2回優勝した2人の監督のうちの1人としてファーガソンは常に名前が名監督リスト上位ランクインしているべきでした。彼の有利な方法は要約を必要としません。しかし彼のマンチェスター・ユナイテッドは2010-11シーズンのチャンピオンシップに向けてのホーム戦で勝ち点2ポイントのみ失い、プレミアリーグ2012-13シーズンで勝ち点11ポイントの差をつけリーグ優勝しました。2012-13年度のファーガソン監督は質の悪いチームで勝利したのが印象的でした。エリック・カントナ、ロイ・キーン、ロナウドそしてルーニー選手たちから構成された彼の栄光のマンチェスターUは81、82の勝ち点を1シーズンで獲得しました。2012-13シーズン、ウェルベック、クレヴァリー、アンデルソン、アシュリー・ヤング選手たちが中心のチームは勝ち点89を獲得しましたファーガソン監督は27年彼の後継者を育てる時間がありました。彼の遺産は輝くカップが入ったロッカーでした。

 

賭けられるスポーツの種類が豊富な1xBETへ

 

3位 マウリシオ・ポチェッティーノ

ポチェッティーノ氏はトロフィーを獲得していないものの5年半北ロンドンで素晴らしい仕事をしてきました。彼が指揮したトッテナムはトロフィーを手にするには程遠い状態でした。2016-17シーズン、ファイナルカップでトッテナムは3位になりました。彼のサウサンプトンでの仕事ぶりを忘れてはなりません。降格圏に沈んだ同チームの順位を8位まで上げました。

 

2位 ユルゲン・クロップ

クロップ監督は4年でリバプールを3回ヨーロッパファイナルへ導きました。そしてチャンピオンズリーグ優勝にも導きました。彼のリバプールは前例のない97勝ち点を稼ぎ30年ぶりのチャンピオンタイトル獲得のために鍛え上げました。クロップ氏が監督就任後に初めて獲得した選手はマルコ・グルイッチとスティーヴン・コーカーです。そして彼は素晴らしい選手たちをさらに素晴らしく、そしてスターに育て上げました。ユルゲン・クロップ監督はモチベーターですし、優れた監督―戦術家です。

 

1位 ジョゼップ・グアルディオラ

3シーズンと今シーズンの半分でイギリス国内でプレミアリーグ月間最優秀監督7回、5つの正真正銘のトロフィー、プレミアリーグ129試合中97勝、史上初の勝ち点100106得点のプレミア記録達成等2017-2018シーズンには様々な記録を出しました。彼はプレミアリーグ年間最優秀監督賞受賞2回。そしてモウリーニョ監督よりグアルディオラ監督の月間最優秀監督賞受賞は2つ多いです。彼以外に2010年代ナンバー1の監督はいるでしょうか?これを達成するためにグアルディオラ氏は勝ち取りながら長く手間取ったかもしれません。しかしマンチェスター・シティはカタルーニャ出身監督指導の下、不滅のチームになりました。チャンピオンズリーグは彼唯一の失望になりますがそうであるべきですが、国内リーグに関しては栄冠は今のところグアルディオラ氏の元にあります