2020年01月15日 by sportclubnavigator.com

FAカップ第三ラウンドの再試合、トッテナムはミドルズブラを2-1で破り、チームの無勝記録を止めることに成功し次のステージ、サウサンプトン戦に駒を進めました。

 

スパーズ(Spurs)はジオヴァニ・ロ・チェルソ、エリク・ラメラが試合で相手チームのミスを利用して試合をリードし、ハーフタイムに入りました。ハーフタイム後トッテナムは試合の流れを続けましたが、ミドルズブラは戦いなしに試合を終わらせませんでした。ミドルズブラのジョージ・サヴィルは83分に得点を挙げましたが、このゴールはアウェーチームにとって、一時の喜びにしかすぎませんでした。ジョゼ・モウリーニョ監督率いるチームは勝利を手に入れました。これはアルゼンチンのジオヴァニ・ロ・チェルソ、エリク・ラメラ両選手がモウリーニョ監督の下で初めて行った本当のマスタークラスでした。

ジョゼ・モウリーニョ

トッテナムは4試合連続で勝てませんでした。マウリシオ・ポチェッティーノの後にモウリーニョ監督の下でチームははっきりしない状態が続き、そしてサポーターたちは、果たして彼がこのクラブの運命を変える事が出来るのかと疑問を持ち始めていました。リバプールに敗北後、スパーズを待ち受けていたのは最初の試合で簡単に破れなかったミドルズブラでした。モウリーニョ監督はこの障害を乗り越えただけでなく、彼のチームは冷酷で支配的そして容赦ないように見えました。

もちろんミドルズブラは後半に遅れたゴールを入れ、観客に興奮を与えましたが、サヴィル初得点までトッテナムははるかに優位に立っていました。
トッテナムのダニー・ローズは少し前に連勝者としてのモウリーニョについて語り、
同様にモウリーニョはFAカップ優勝を狙っていたのかもしれないと話しました。監督はトロフィーに向けて一歩進み、もし優勝のためにチームに何か意義のあるものを持ってこようとしている人がいるのであればその人はポルトガル人スペシャリスト(モウリーニョ)です。

ジオヴァニ・ロ・チェルソ

彼はベティスからトッテナムに買取オプション付きの期限付き移籍しました。試合開始直後すぐに彼は相手チームのディフェンスに脅威を与えました。ミドルズブラ側は控えのゴールキーパーにボールのパスを余儀なくされましたが、ジオヴァニは動きを読みボールを奪いゴールネットを揺らしました。

ミドルズブラの選手たちはこれほどひどい試合の始まりを誰も予想できなかったでしょう。同時にチェルソはミドルズブラのジョナサン・ウッドゲートに今回彼のチームは前回の試合より遥かに厳しい結果が待ち受けていると見せつけました。23歳のサッカー選手は試合に出るためにとても苦労しました。前回の休日トッテナムがリバプールに敗れた試合でベンチ入り交代メンバーだったことは特にチェルソを落胆させました。しかし今日、ロ・チェルソはとてもガツガツし果敢に見えます。彼は自分の監督の注意を引くのが目的でした。そしてこの目的を達成しました。

ジェイフェス・タンガンガ

20歳のディフェンダーは対リバプール戦が行われた土曜日の試合トッテナムのメンバーに突如として現れました。しかしタンガンガはデビュー戦を印象づけ、3人の選手がゴールデンボール2019トップ5にノミネートされたチームとフィールドで対面した時、彼はあまり混乱しているようには見えませんでした。ミッドフィルダーを抑えるのはプレミアリーグのどのレベルでも簡単な事ではありません。しかしサディオ・マネ、モハメド・サラーそしてデビュー戦で一緒のメンバーと会うという事は若いディフェンダーを緊張させます。タンガンガは自分をヨーロッパチャンピオンに見せつけることが出来ました。

モウリーニョ監督はトッテナムアカデミー卒業者をミドルズブラ戦で右のディフェンダーとしてフィールドに送りました。そしてタンガンガは再び自身の力を見せつけました。

中央ディフェンダーになるためタンガンガは右側面でプレーしながら自身の万能を披露しました。トッテナムが攻撃に向けて前に出た時、彼も攻撃に参加しましたが、ミドルズブラが反撃に出た場合、すぐに自分のポジションに戻れました。タンガンガは自身の技術、体力面を見せつけながらこの挑戦をやってのけました。ですので私たちは今シーズンで彼の活躍を期待できます。

ミドルズブラの防御

たくさんのトーナメント戦の後、ジョナサン・ウッドゲートは彼のチームがトッテナムとの試合でゴールを見逃したことやにとてもがっかりしているでしょう。

トマス・メヒアスが試合開始2分後に大事なセーブを行い、自分のゴールでボールを味方にパスしようとした時、パスはジオヴァニ・ロ・チェルソに奪われました。アルゼンチンの選手は適格な方法でボールを奪いペナルティーエリアへ侵入しました。試合で得点を放つ事はチームにとって本当のプレゼントでした。しかし彼が最後ではなく、スパーズに有利になるためにジョニー・ハウソンからボールを奪ったラメラでしょう。経験豊富で万能なハウソンはミスを期待されたミッドフィルダーの一人でした。しかし彼の失敗がスパーズを前進させることになりました。

ダビンソン・サンチェス

とってナムがミドルズブラに防御で優位だったのにも関わらず、サンチェスは自信が無いように見えました。相手のカバーに対処できませんでした。

ミドルズブラの選手たちばかりでなくとってナムもまたこの試合で防御でミスを犯していました。今回の試合、後半戦少し変わってきました。サンチェスはボールを追い出そうとしましたが、彼のチームゴールに入るところでした。彼にとって幸運なことにボールはゴール横に飛びました。しかしスタンドの不満は非常に明白でした。